外反母趾でお悩みの方は意外に多く、有名シューズメーカーによる調査統計では、日本人の約70%~80%にその素養があるとのことです。

ここでは、そうした外反母趾の原因や改善の方法について、できるだけ分かりやすくお伝えします。

 

外反母趾とは

足の親指の付け根の関節が”くの字”に曲がり第二趾のほうに親指の先が曲がっている状態です。

この角度によって症状の程度が決まります。

外反母趾はどんな影響を身体に与えるか?

まずはじめに多くの方がイメージされるのが、痛みに関してだと思います。

この痛みは、さきに述べた関節の角度のによる軽度~重度とは必ずしも一致せず。軽度でも強い痛みを感じる方もいれば、重度でもあまり痛みは感じない方もいらっしゃいます。

痛みに関して大きく分けると外反母趾には2つ種類があり、

・靴を履いて歩くときに親指の出っ張りが中で擦れて痛むとき

・靴を履かずに素足での状態であっても関節が痛むとき

に分かれます。

こうした摩擦と関節の痛みは、その部分をかばう無理な歩きにつながり、さらに他の部位への痛みに波及して行くので、早急な対応が大事です。

それならば、痛みさえなければ大丈夫なのかというと、そうではないのです。

外反母趾の状態は、足の多くの靭帯が緩んでいて骨組みが不安定になってます。

そのため足元が安定しない、疲れやすい、脚が冷える、浮腫む、などや膝痛や股関節に影響したりします。

そうした足元の不安定が全身に波及し、背筋を伸ばして立つことが困難となり猫背など悪い姿勢にもなりがちです。

これらの症状は、一見なんの関連性もなく見えるため外反母趾が原因とは思えなかった事でしょう。

しかし、逆に言えば外反母趾の改善をはかる事で、全身の様々な症状も良くなっていく事は、よくある事なのです。

 

外反母趾の原因は

いまだに日本ではハイヒールの使用や足の指の筋力が低下が原因の根本だと思われていますが、そうではありません。

足の医療の研究が進んだアメリカの足病医の間では、外反母趾は過剰回内(オーバープロネーション)が基になり、生じているというのが共通の認識です。

そこに、さらにつま先を捻じ曲げるような蹴る動き(アブダクトリーツイスト)が加わると外反母趾になっていくのだとされています。

つまり外反母趾は履物が原因では無く、生理的に不自然な歩き方が主な要因となって発生した足の状態だと言えます。

 

過剰回内(オーバープロネーション)とは

過剰回内とは、踵の骨が外にずれて、足首が内側に倒れている状態で、多くの場合つま先より膝が内側に向かって入っている(図右)ので、スマホか鏡などを利用すると確認できることもあります。

回内(プロネーション)という動きは、歩行動作の中にも含まれる動きではあるのですが、それが過剰な状態になってしまう方がいます。

 

この状態は外反母趾の問題だけでなく、ほかの様々な足の疾患にもつながる元凶といえるものです。

 

これを先天的な素養として持って生まれている方もおられますが、それだけで足の問題が発生する確率は低く、そこに日ごろの歩き方(足の使い方)の間違いにより、足の問題を悪化させている場合がほとんどです。

 

外反母趾の改善方法

これまでの解説で、あなたの外反母趾がなぜテーピングやサポーター、マッサージや足指の運動等では改善しなかったのか、ご理解いただけたと思います。

それらは「変形した足指の形を整える」ための対処療法でしかないため、根本の原因である過剰回内(オーバープロネーション)の解消には、つながっていなかったのです。

一時的には形は整う(痛みが減る)場合があったとしても、またすぐに元の状態に戻って しまうのです。

 

もうお分かりのように外反母趾の根本的な改善には不自然な負荷を掛けない歩き方(足の使い方)の習得が必要なのです。

 

回内し過ぎている足の癖を、足の骨格構造上、本来のあるべき動作に学び直すことが必要です。

 

ご注意いただきたいのは、一般的に言われているような「足の指を使って地面をしっかり蹴って歩く」「大股で歩く」「膝を伸ばして歩く」などは、外反母趾を却って悪化させる間違った情報の歩き方だと言う事です。

 

ネイティブウォーキング協会では、出典の曖昧な一般論ではなく、生体構造力学(バイオメカニクス)をベースに生み出された「ゆるかかと歩き(ネイティブウォーキング)」をお教えしています。

 

この「ゆるかかと歩き」を主柱に、さらに全身の骨格調整を組み込んだ「ネイティブウォーキング プログラム」を提供いたします。

 

当センターはもとより、全国の導入治療院で多くの実績を上げています。