私たちは皆さんのお体の回復のために、いく通りもの方式を導入し組み入れ、いろいろなプログラムを提供します。

そしてその根本の原則的な認識は「人間の体はケガなどを自然に治す力を持っていて、いつも復調しようとしている」ということです。

例えば手を切ったとしても、時の経過により傷口はふさがり、回復していきます。

これが人のケガを治す自然の働きですが、目視できない体の内側でも、同様にいつも身体は復調しようとしているのです。

ですので、進行性(多発性硬化症 など)、先天性(生まれつき)、ウイルス性など以外であれば、皆さんがお悩みの殆どの身体の不調は、本来的には時の経過により治るはず。

 

ではなぜ、例えば膝痛や腰痛、もちろん外反母趾などの、復調せず長びく、慢性病のようなものがあるのでしょう?

 

それはケガを治す力の原則から言うと、治りかけの傷口を開くような「治す力以上に、常に患部に負担のかかるマイナスなことを何かしている」と推察されます。

それは肝臓病でいえば、治療はしているのにアルコール類を毎日飲み続ける、などがそれです。

それが膝痛や腰痛などの体の外側の不調であるならば、「体に負担のかかる姿勢や歩き方などの、悪い生活スタイルを続けている」ということに当たるのです。

この話で、「なるほど!」と納得の方もいますが「でも、私は姿勢には気を付けているよ」と、思いのほか、多数の方が仰います。

そんな方に振り返ってみていただきたいのは「立ち方や歩き方を、どこかで正式に学習したことがあったか?」です。

 

そもそも良い立ち方や歩行動作を学習していなければ、それを気を付けようがないですよね。

そう大多数の方は、丹念に 良い立ち方と歩行動作を指導された事はなく、ネットやテレビの報道、もしくは、どうやらこれが効くらしいといった、とても不確かな知識をもとに気を配っていたことに気がつきます。

ネットの知識の多くは出典の明確でない、いいかげんな知識も多いです。

テレビなども、出資者などの思惑が裏にあったりで、必ずしも間違いのない知識とは言えません。

それにより、もしベストだと考えていた立ち方や歩き方などが間違えていたとしたら。

いくら体が復活 しようしても、日ごろの間違った動きでかかる負担のせいで逆戻りをする、繰り返し。こうして慢性疲労や慢性痛になります。

 

これが長く付き合ってきた、身体の不調の元なのです。

 

とくに歩行の方法などは、ほぼ大半の人は学習のチャンスに恵まれず学習のチャンスがあったとしても、たいがいは都心部にある美しく見せるための、モデル的な歩き方を教えるスクールがある程度。

 

そのため足裏の痛みやひざ痛など、足の痛みと長く付き合ってきた方はとても沢山いるのです。

 

すでにご理解いただけた様に、もし皆さんが足に関する様々な問題の本質的な解決を希望されるならば、間違った歩き方という生活習慣を改良することが絶対的に必要なのです。

そのため私たちは足の医療先進国のアメリカの足病理論や生体構造力学にもとづいた、身体に負担が最小な、理に則った歩き方を追究し。体得しやすい指導方法も含め、探究することに。

 

このように私たちの改善プログラムは、症状の回復のための「整体施術」と、その回復状態を維持し問題が再び起こることの無いよう、歩行の方法を中心とした「生活習慣指導」の二つを柱にすえ”真の意味での根本回復を目指す治療院”として、お体にお悩みの方の問題解決のお手伝いをしています。