足底の痛みや外反母趾など足のトラブルでお困りのとき、その痛む部分をどうやって治そうかにだけ注意を向けて悩んでしまいがちです。

しかし、それらの足のトラブルは、ご自身の望ましくない歩き方、負荷がかかる足の運びにより生じてしまっている例が 、実は大多数なのです。

あなたは、ご自分の足の運び方にトラブルのもとがあったとは、思った事はないかもしれません。

しかし、筆記具にも正しい握り方、例えばテニスにも理想の動き方があると同様に、足にもその骨組みの構造上、このように動かすのがナチュラルで不要な負荷がかからない、という理想的フォーム(歩き方)があります。

こうした研究を生体構造力学(バイオメカニクス)といいます。

生まれながらに「自分で病を癒し、ケガ治す力」 が存在し、時間をおけば治っていく私たちのケガや痛みが慢性化する裏には、不自然な身体の使い方という日常の動作での問題が潜んでいます。

特に足は全身の土台で、その不自然な足の使い方の影響は足だけでなく全身に及びます。

ここで間違った歩き方で生じる身体の不具合を紹介します。

ご覧いただいきご理解されたように、その及ぼす範囲は疾患だけでなく、足がぽってり、ヒップラインが下がるなど美容上にも大きく関わっています。

しかし、これらの問題に対し「歩き方が悪かったせいかも」と気づかれたとしても、その歩き方の誤りを修正、指導する所はほとんど見つかりません。

わずかに市街地などに美しさに特化したモデルウォーキングを指導するスクールが若干あるぐらいです。

足のトラブルを解決するためには、理論的な根拠がある、健康を目的とした歩行指導センターが必要となっているのです。

当センターでお伝えしている歩き方は「ゆるかかと歩き(ネイティブウォーキング)」といい、「屈曲歩行」「二軸歩行」をベースに人体の骨格構造上こうあるべきという自然な歩き方です。

ネイティブウォーキング協会代表の中島が、足のトラブルの根本的解決を研究していく中で、アメリカ足病医学に巡り会い、その理論をベースにこの歩行指導メソッドを開発しました。

施術時に足の症状でお悩みの方に直接のご協力をいただき、試行錯誤して編み出したものなので、理論の上で理に適っているのみならず、その改善実績も確かなものがあります。

また、これまで長年の癖となった歩行のフォームを正すのは簡単である、とはいきませんが、そのため指導の方法にも工夫されたメソッドが用意されています。

当然のこと、その方の取り組む姿勢は大切ですがそれにより80歳を超えるご高齢の方や、杖を必要としているような状態の方まで習得されています。(協会実績あり)足にトラブルがある方ほど、これまでの歩き方とは大きな違いを感じる傾向 があります。

 

しかし、初めて体験された方の多くは、その日に正しい歩き方による「今までと違う驚きの足の軽さ」に感激されます。

 

まずはぜひ一度、ご参加いただければと思います。